カテゴリー別アーカイブ: 資格

社会保険労務士の役割を知っていますか?

企業において、複雑な法規定により構成された、さまざまな社会保障制度を熟知したスペシャリストである社会保険労務士が占めるウェイトは非常に大きいものと言えます。
多くの場合、会社の人事部や総務部に在籍して業務を果たす事になりますが、その活躍の場は実に多岐に渡っているのも特徴のひとつと言えるでしょう。

社労士が取り扱う事が出来る業務の中で最も代表的なものとして挙げられるのは、健康保険や雇用保険、厚生年金等に関する業務の遂行です。
これらの保険関連業務は、作成から提出に至るまでを数十種類にも及ぶ法規定に沿って行わなければならず、到底、一般社員や経営者の手に負えるものではありません。
例えば、会社で新入社員を雇った場合、雇用保険や健康保険、厚生年金などへの加入が必要となりますが、その際に必要書類の作成を行い、社会保険事務所へ書類の提出を行うのも、社会保険労務士の重要な役割のひとつ。
更に会社の賃金台帳の作成や労働者名簿の取り扱いができるのも社労士資格保有者のみに許された特権なのです。
その他にも、雇用や退職についての相談、指導、就業規則や給与規定に関する相談、企業内教育や指導、人事、労務全般についてのコンサルティング業務など、様々な分野で活躍する事が可能です。
専門書類を作成するだけが主な業務ではなく、時には企業内で起こる様々な問題を解決するという大役も担っているわけです。

企業そのものの体制や規則の見直しなどにも積極的に関わっていく社会保険労務士は、会社とそこで働く労働者との関係を円滑に進めるためには欠かせない、かけ橋的な存在なのです。