カテゴリー別アーカイブ: 年収

気になる社会保険労務士の平均年収はどの位?

社会保険労務士として働く場合、一番気になるのは、平均年収ではないでしょうか。
ひと口に社会保険労務士と言っても、実際には、就業形態や働く場所、業務内容によって様々に分かれているので、年収にもバラつきがあります。
一概には言い難いと言うのが実状の様ですが、それでも、ある程度の調査結果は公表されています。

一企業内の人事部や総務部等に所属し、会社に付属して業務に携わる、いわゆる勤務社会保険労務士の場合。
年代やキャリア、勤続年数によって多少の違いがでるものの、概ね平均年収は500万円~700万円前後と言われています。
月収で言うと大体40万円前後という事ですが、勤務する会社の方針や規模によっては、積極的な資格手当の支給を行っている所もあります。

一方で独立開業をしている開業社会保険労務士の場合には、それこそ、規模によって大きく差が出ると言えるでしょう。
例え、事務所を構えて独立開業したとしても、顧客が居なければ仕事は発生しません。
その場合、当然のことながら収入も発生しないことになります。
そういった点を踏まえれば、開業したての駆け出しの場合には、勤務社会保険労務士よりもはるかに低い月給でスタートする羽目になるかもしれません。
ですが、一旦顧客を獲得し、定期的な仕事を請ける様になれば、年収1千万円も夢ではありません。
実際に年収2~3千万円を裕に越える高収入を実現している開業社会保険労務士の方々も沢山います。

勤務型にしても独立開業型にしても、その収入の額には自身のキャリアも大きく関係してくると言えます。
更に、同じ勤務型であっても、企業に勤務する場合と、社会保険労務士事務所に勤務する場合とでもその年収は異なって来ます。
一般的には、社会保険労務士事務所に勤務する場合の収入の方が低くなるようですが、純粋に社労士としての職務をこなす機会に恵まれる、という利点もあります。
特に、将来的には自分の事務所を持って独立したいと思っている人にとっては、収入面では多少劣っていても、顧客獲得のノウハウや開業の秘訣などを学ぶ良い機会となる筈です。