社会保険労務士として活躍するフィールドはひとつではない

同じ社会保険労務士であっても、その就業携帯によって、大きく二つに区別する事ができます。

ひとつは、一企業内の人事や総務部に所属して勤務する、勤務社会保険労務士、そしてもうひとつは、独立して自分の事務所を構えて開業する、開業社会保険労務士です。
もちろん、どちらの道を選ぶかは本人次第な訳ですが、どちらの場合にも、メリット、デメリットがあるのは言うまでもありません。

一般企業に勤務する場合は、人事部や総務部の仕事内容と重複する項目も多いことから、実際に摂り扱う業務も多岐に渡ります。
もちろん、社労士のみに許されている独占業務をも同時にこなす訳ですから、他にはない特別な役割もしっかり担っています。
同じ勤務型でも今より大きな企業に転職して活躍する道もあれば、同じ会社内に務めつつステップアップを図る事も可能となります。

土日の休みが確保でき、福利厚生もしっかりとした中で安定した収入を得つつ、やりがいのある職務を果たせる事こそ、勤務社会保険労務士として働くメリットと言えるでしょう。
唯一のデメリットとして挙げるならば、専門分野以外の処務に時間を費やす事も多いため、社労士ならではの活躍の場を作る機会が少なくなりがち、という事です。
更に言えば、収入が安定している分、金額の面では他の一般社員と大差ない場合がほとんどである、という事でしょうか。

一方、独立開業を選んだ場合の最大のメリットと言えば、やはり、高収入に繋がる、という点に尽きるでしょう。
実際に独立して成功を収めている人々の中には、年収1千万を実現している人も多くいます。
もちろん、開業当初は多忙な毎日を送っているにもかかわらず、直接収入に結び付かない事も多く、軌道に乗せるまでには相当な努力が必要となるのは言うまでもありません。
だからこそ、全ての経験が地となり肉となり、結果として、安定した顧客の獲得に繋がる訳で、そこで初めて年収1千万円への道が開かれるのでしょう。
そう考えると”ある程度の軌道に乗せるまでには試練期間がある”という点が、独立開業を目指す場合のデメリットと言えるかもしれません。

いずれにせよ、デメリットをもメリットに変えてしまうくらいの意気込みで毎日の業務に携わる事こそ、一流の社会保険労務士としての在り方ではないでしょうか。