社会保険労務士として、独立開業を目指す人へ。必要な準備と心構えはできていますか?

社会保険労務士の資格保有者は、個人事務所を設立して独立開業する道も選択可能です。
ですが、選択可能というだけで、成功する保証はどこにもありません。

社会保険労務士として独立開業し、安定した収入を得るためには、それなりの準備と心構えが必要となります。
資格を取得して初めて独立開業というスタート地点に立てた訳ですから、成功するか否かはその資格をどう活かすかにかかっていると言えます。
社労士の資格は、あくまで“資格”であって、それだけでは成功を手にする事が不可能である、という事を肝に銘じておきましょう。

資格保有者としての専門スキルを活かす為には、まず、顧客の獲得から開始しなければならず、顧客の獲得には、卓越した営業力が必要となります。
営業力と言っても、一朝一夕で身に着くものではありませんから、とにかく、実践有るのみ、日々の鍛錬が必要となるでしょう。

更には、やっとのことで顧客の獲得までこじつけたとしても、他の士業者達と同じ様な事をやっていては、あなたの魅力、強みを顧客に効果的に伝える事が出来ません。
依頼された仕事を完璧にこなす事はもちろんのことですが、それと同時に、他には無いサービスや心遣いなどのプラスアルファ的な要素に考案も必要となるでしょう。
他とは徹底的に差別化することで、自分の強みをアピールできますし、専門家として在るべき自身の的確な価値を顧客側に認識させやすくなるはずです。

専門的知識は豊富でも、人としてコミュニケーション能力が劣っていては、どれだけ豊富な知識を持っていたとしても、それだけでマイナスとなります。
特に、独立開業をして軌道に乗せるまでには、数々の困難を乗り越えて行かなければならず、さまざまな場面においてあらゆる人との関わり合いも避けられません。
例え、ある程度の軌道に乗せる事が出来た後でも、安定した仕事を継続させる為に最も必要なのは、人間性を磨く事だと言います。

高い専門知識に優れた人間性を持ちあわせてこそ、一流の社会保険労務士と言えます。
そうなれば、自らが営業して回らずとも、人を介して評判が伝わり、安定した収入を得ることも可能となるでしょう。